顔の肌荒れ 化粧水

顔がカサカサ、ザラザラと肌荒れした状態を少しでも早くなんとかしたい、治したい!

毎日ちゃんと化粧水で保湿しているつもりなんだけど。。。

お肌の保湿に関する調査では、約9割の方が、化粧水などで保湿を行っているけど、その効果、お肌の状態に満足できていないそうです。

お肌というのは、本来、自分で自分のお肌を乾燥から守るための天然保湿因子(NMF)という成分を作りだすようになっているみたいなのですが、年齢を重ねるごとにその力は衰えてくるんだそうです。
その上、間違った洗顔方法で洗い流されてしまって、ドンドン少なくなっているにも関わらず、若い頃と同じようなスキンケアをしていると保湿をしているつもりでも粉をふくくらい乾燥したり、肌荒れしたりするみたいです。

ですから、基本的に今まで以上に保湿成分を補っていくことが大事みたいです。
そのために方法として1つには、化粧水を重ねづけするという方法があります。

化粧水を何度も重ねてつけるという方法です。
これをやることで、しっかり化粧水がお肌に馴染んでいくみたいなのですが、その時に重要になるのが保湿成分の“セラミド”。

最近“セラミド”ってよく聞くと思いますが、保湿成分のセラミドが配合された化粧水を使うことで、よりお肌に潤いやハリなどが回復しやすくなるそうです。
ですから、顔の肌荒れが気になるような時は、セラミド、中でも合成セラミドではなく人体と全く同じ構造を持つナノサイズの「ヒト型ナノセラミド」が配合されたものを選ぶといいようです!

そのヒト型ナノセラミドが配合された化粧水はいくつかあるのですが、中でも敏感肌の方でも安心してつかえると口コミや雑誌で美容家の方たちも絶賛の化粧水が敏感肌専用化粧品ブランドのディセンシアの“つつむ”。

Decencia(ディセンシア) つつむ公式サイトはコチラ

 

顔の肌荒れ かゆみ

顔の肌荒れで、辛いのがカサカサした乾燥などから引き起こされるかゆみ。
顔をかきむしってしまうとお肌が傷ついて、余計に顔の肌荒れに繋がってしまいます。

顔の肌荒れによるかゆみを抑えるには、やはりしっかり保湿をするということが大事になってきます。
そのためには、肌表面ですぐに化粧水の潤い成分などが蒸発してしまうようなものではなく、しっかり肌内部に浸透して肌の内側からしっかり保湿して潤おしてくれる化粧水を選ぶことが重要になってきます。

また、化粧水によっては保湿力はあるけれど、お肌に刺激が強い!というものもあります。
お肌に刺激が強いとそこで炎症が起こって、かゆみが出てきますし、結果的に肌荒れなど肌トラブルにも繋がってしまいます。

そういう意味では、『ディセンシアのつつむ』は、敏感肌の方でも安心して使えると口コミ、美容家の方たちの間でも評判ですし、ヒト型ナノセラミドなど美容成分で保湿力にも優れているので顔の肌荒れによるかゆみにもいい働きをしてくれそうです!

ディセンシアつつむの実際の肌触りはけっこうドロっとしたとろみのある感触なのですが、お肌につけたときは、ベタベタ感とかないですし、スーとお肌に馴染んでいく!そんな感じなので、付け心地が重いなんてこともないですよ!

 

ディセンシア つつむ 14日間 トライアルセットはコチラ

 

 

 

© 2014 顔の肌荒れ 化粧水を選ぶ重要なポイント rss